上志津八幡神社 (毎年9月15日が祭礼)

石段を登り約100m程雑木林のトンネルを進むと本殿がある。上志津の氏神で境内には浅間神社等が石碑として併祀されている。創建は寛永3年(1626)祭神は品田和気命(ほんだわけのみこと)。かやぶき屋根、彫刻、石碑、素朴なたたずまいがかもしだす心落着く雰囲気を保護の為とは言え、緑の屋根、鉄板丸見えの囲いは残念。 志津地域ではこの神社の一角だけが、100年以上木を切っていない常緑広葉樹林だそうだ。

 

画面右下の[ログイン]をクリックしてパスワードを入力してください。 

編集画面にログインすると、[+ボタン]をクリックしてお好みの項目を追加できます。